自分の夢に向かっていろいろと頑張る。


by runtoyume
大学生活で何か夢中になって極めるものがあれば、それにのめりこむといのは良いことです。何でもある程度やってそれきりという中途半端な状態に慣れてしまうと、仕事をしてもある程度やれば良いということになりかねません。


趣味でもいいし、語学でもいいですし、資格試験に1発合格したいなら大学生活を全てそれに捧げるというのも悪くありません。いずれにせよ、一般的にはある程度時間がありますから、将来に向けてのエネルギー、経験、知識を蓄えておくのが良いですね。モラトリアム期間なんて言葉もありますが、社会人になるまでのちょっとした自由な猶予期間かもしれません。


もちろん、友人との思い出をたくさん作るというのも大事でしょう。一生ものの付き合いが生まれますからね。将来を見据えつつも、学生時代しかできないことをいろいろとやり、挑戦し、経験することは思い出になると同時に将来の肥やしになるでしょう。
[PR]
# by runtoyume | 2014-08-23 11:44

いろいろとある夢

大学ともなると、将来に向けていろいろと現実的になってきます。就職や資格試験を突破するなど、職業のことを考える必要が出てきます。そのなかで、自分の夢は何かを考えるとき、どう夢を実現するかいろいろと模索していきます。夢と言っても千差万別です。仕事で誰よりも早く出世するとか、新しいサービスを開発して世の中を変える、とか海外に出てグローバルに仕事したいなどあるでしょう。また夢と言っても仕事ばかりではなく、世界一周したい、とか豪邸に住みたいとか、好きなワインを飲み続けたいなどこちらもいろいろとあります。仕事にせよ、趣味にしても、せっかく夢を追うならば徹底して追いかけたいものです。ある程度たしなむ程度に幅広くという考えも良いと思います。ただ、自分は誰にもこれだけは負けないと思えるようなものが一つあると何かと自分のアピールにもなりますし、一種の存在意義みたいなものを感じるものです。
[PR]
# by runtoyume | 2014-08-23 11:44